御影がん哲学外来・メディカルカフェ

こころのともしび


がんと告知されたその日から、
患者さんとご家族は不安に押しつぶされそうになりながら、医師からの難しい説明を聞き、必死で治療を選択します。
今の医療では、説明を終えた医師は、「自分で決めてください」と言うのです。
必死で考えて選択しても、情報が溢れる社会の中にいると、いつも自分は正しかったのかという不安を持ちながら時を過ごしていくことになります。
医療は進歩し、コントロールできるがんは増えましたが「がんと共に生きる」ことは、たやすいことではありません。
また、辛い闘病生活の後に大切な 家族を失った方は、いつまでも消えない後悔や疑問を抱き、心にとげが刺さったような時間を過ごされている方もいらっしゃるでしょう。

長年、医師・看護師としてがん患者さんに関わってきた私たちが皆様の思いを伺います。
忙しすぎる病院の中では出来なかった、自由な心の交流の場を持ちましょう。
抱えている病気や立場は違っても、お茶を飲みながらゆっくりと語り合いましょう。
人は慰められた時に、誰かを慰めることができるのです。

不安や悩みを完全に消すことは出来ないかもしれませんが、
ここに集われたすべての方のこころに、小さくても足元を照らす希望の「ともしび」をともせたらなんと幸いなことでしょうか。

がん哲学外来


がんに関する不安や悩み、「生きるとは何か」について個別に対話します。
(治療などに関する医学的なアドバイスを行うセカンドオピニオンではありません。)

1人/30分   ※要予約   17:30〜 / 18:10〜

予約の申し込み

メディカルカフェ


患者さん・ご家族・ご遺族・医療従事者がそれぞれの立場を超えて集います。
お茶を飲みながらリラックスして自由に対話しましょう。

予約不要(時間内は自由に出入り可)

日程案内

ご報告

第54・55・56回「御影がん哲学外来・メディカルカフェ こころのともしび」


10月17日、26日、11月7日にこころのともしびを開催しました。
季節の変わり目で天候の不安定な中、毎回たくさんの方がここに来ることを楽しみにして くださっていることを聞きうれしく思います。

WHOは健康の定義を「身体的、精神的、社会的、に全く良好な状態のことであり、単に病 や虚弱が無いということではない」と定めています。その後、改定案として「霊的に」と いう言葉の追加が提案されています。採択には至らず今のところ保留中ですが、人間が霊 的な存在であるという考えは世界で広く支持されています。また、緩和ケアにおける痛み に関する定義では、身体的、精神的、社会的、霊的にそれぞれに痛みがあると明確に定義 され、それらの痛みは互いに影響し合うと言われています。
ここに集われる、がんと今まさに戦っている方、がんが癒されてもなお不安を持ち続けて いる方、がんで愛する人を失われた方、それぞれがどこかに霊的な痛みを感じておられよ うです。人間の力ではどうにもできない痛みを感じる時、人は助けを求めて祈ります。
いつも会の締めくくりにみんなでお祈りをします。ここに参加する方のほとんどはクリス チャンではありません。教会でのお祈りに慣れておられない方が大半ですが、お祈りをす る前に「クリスチャンでない方も、目を閉じて、心を静めてお祈りに耳を傾けてください 」とお願いすると、さっきまでとても賑やかだったその場の空気が静まり、皆の温まった 心、お互いを思う気持ちがひとつとなり、大きな愛に包み込まれていることを感じます。
今日出会えたことに感謝し、お互いに打ち明け励まし合う実りある楽しい時間を過ごせた ことに感謝し、皆の病気や不安が癒されるように、また元気に再会できるようにと祈りま す。お祈りを聞いて涙を流される方もいらっしゃいますし、「いつも心が洗われる。」と おっしゃる方もおられます。
祈りの中で、自分が愛されていること、ここに仲間がいて自分が大切にされていることに 感謝し、重たかった心の中が軽くなっていることに気づき、平安を感じることができるよ うです。それこそがスピリチュアルな痛みを和らげ癒されるということだと感じています 。
誰かのために祈る時、その人への愛なしには祈れません。祈りたいと思える大切な人がい ることも、自分のために祈ってくれる人がいるということも本当に幸せなことだと思いま す。

「あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。神があなたのことを心配してく ださるからです。」(聖書より)                        

過去の記事はこちら→

ごあいさつ
日程と予約のご案内
交通アクセス
がん哲学外来とは

「がん哲学外来」「メディカルカフェ」いずれも料金は無料です。 不明な点、疑問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
TEL:078-841-0795 FAX:078-862-3017 メールアドレス: jesus_tomoshibi@yahoo.co.jp