がんの専門病院で全国から集まる沢山の患者さんの診療、手術、国内外への出張、 1年365日、殆ど休まることのない生活をしている多忙な外科医であった私に、 患者さんは遠慮がちに質問をし、話しができる時間はどうしても限られていました。
朝から夕方まで、昼食もとらずに外来をしていると、さんざん待たされた患者さんは自分の不安や不満を言うより、私の身体の心配をしてくださるのです。
患者さんへの説明にはかなり時間を掛けたつもりでしたが、患者さんにアンケートを採ると医師との対話の時間がもっと必要なことが示されていました。
外来の看護師をしていた妻は、患者さんが抱く医師に聞けない疑問、医師に言えない不安・不満を時間の許す限り受け止め、出来るだけの対応をしていましたが、
安全性や平等を優先せねばならない専門病院では患者さんと向き合える時間は限られていました。そして今も多くの医療者がこのような思いを胸に、ジレンマを感じながら仕事をこなすことを余儀なくされています。
現役外科医あるいは看護師として多忙な病院生活を過ごしていた私達にとって、
病院から離れた場所で、ゆったりした気持ちで、医療者と患者という診療上の関係を離れて、
がんという病に関わった方々と自由な対話ができる時間を持つことは夢でした。患者さん自身であれ、ご家族であれ・・・。
2015年秋に樋野先生の著書「こころにみことばの処方箋」に出会い、「がん哲学外来・メディカルカフェ」はこの目的を遂げるための仕組みであることがわかりました。
2016年5月から始めた「御影こころのともしび」は2018年4月より一般社団法人から独立して、活動を継続していく事になりました。2年近く哲学外来を行う中で、クリスチャンであり、現役の腫瘍外科医である私に相談者の求められることが、哲学的なことだけではないことがわかり、具体的あるいは直接的なアドバイスを含めて提供していこうと考えました。活動スタイルは従来と変わりませんが、外来(ともしび外来)を毎回開催することになりました。
この活動を通しての様々な出会い、励まし、支えに感謝します。私たちは微力ですが、皆様から学びつつ心を尽くして務めていきたいと思います。

笹子三津留 プロフィール

東大外科で外科の修練を受け、1987年より国立がんセンター中央病院で20年間胃外科の医師として勤務。外科医長、外来部長、副院長を歴任。2007年に出身地である神戸に戻り、兵庫医大外科教授を勤め、2016年からは集学的腫瘍外科教授として治癒が困難とされる進行胃がん症例の治療を中心に診療を行っている。これまで3000例以上の胃がん手術を手がけている胃がん治療の国際的オピニオンリーダー。
2018年5月より淀川キリスト教病院外科に勤務。
我が国におけるがん告知の普及に尽力、一般向けの著作「家族がガンにかかったとき」も上梓。腫瘍外科における臨床試験の方法を確立し、日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)の胃がんグループを率いて現在のガイドラインにエビデンスとして記載される多くの研究を行った。

笹子真由子 プロフィール

国立がんセンター中央病院に10年余勤務し、副師長まで務める。長い外来勤務の中で、入院中とは異なり社会人として生きるがん患者さんの悩みに触れる多くの経験をもつ。
告知、治療選択、治療後の社会復帰、仕事をしながらの抗がん剤治療、緩和ケアへの移行など、がんのさまざまな局面において、患者さんやご家族が継続的、全人的な支援を求めている事を感じ、
来られる方の痛み、悩み、苦しみに寄り添ってこの活動に取り組んでいる。
ごあいさつ
日程と予約のご案内
交通アクセス
ご報告

「ともしび外来」「メディカルカフェ」いずれも料金は無料です。 不明な点、疑問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
TEL:078-841-0795 FAX:078-862-3017 メールアドレス: jesus_tomoshibi@yahoo.co.jp